クラフトビールの初心者必見!楽しみ方から保存方法まで幅広い情報をご紹介

このサイトでは、昨今高い注目を集めるようになったクラフトビールについて触れていくことにします。
このビールは地域限定の商品となっており、全国各地で作られるようになりました。
さまざまな風味とのど越しのものが多く、初めて飲む場合はしっかりと情報を手に入れてから味わいたいものです。
楽しみ方かた保存方法まで網羅をしていくので、初心者必見の知識を得られます。
また幅広いリサーチにもなるので上級者にもおすすめです。

クラフトビールの初心者必見!楽しみ方から保存方法まで幅広い情報をご紹介

クラフトビールの情報として避けられないことは、そこの地域で作られているものかをしっかりと把握することです。
クラフトビールの魅力は、土地の名産品・名水を用いて生産をされている点です。
熟成をさせずに生産・販売をされるため、なるべく早く開封をして飲むことも大切です。
クラフトビールを初めて飲まれる場合は、まずは楽しみ方を調べておいて、そのビールにあったつまみ・冷やし方を勉強しいてからおいしく味わうようにすることです。

クラフトビールの楽しみ方のポイントとは

自宅などでクラフトビールを楽しもうと考えている方が多くいると思われます。
飲みやすいものが多いですし、パッケージがお洒落など多くの魅力があるので、人気がどんどん高くなっています。
せっかく飲むのであれば、クラフトビールの楽しみ方を理解するべきです。
1つ目のポイントは色になります。
淡い麦わら色から黒まであるので、グラスに注ぐと色を見ながら飲めるので楽しいです。
光に透かすとちょっと変化するのも面白いです。
2つ目は香りになります。
クラフトビールは酵母が使われているため、普通のビールより香りがしっかり感じられることも特徴です。
香りがよく感じられる温度は、少しぬるいくらいの温度になります。
3つ目の楽しみ方は味わいです。
口に入れた瞬間や中盤、後味で味わいが変わっていくので最後まで飽きずに飲むことができます。
銘柄によって甘さや辛さ、酸味などの特徴があることも魅力です。
いろんな銘柄を試して、自分に合ったものを見つけてください。

品質を維持するクラフトビールの保存方法とは

工芸品にたとえられるクラフトビールの美味しさを維持できるような方法で保存したいけれど、どのようにすれば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。
クラフトビールは、品質を良い状態で保ちやすい方法で管理することをおすすめします。
もしそうしなければビールの種類によっては不快な臭いになってしまったり、泡立ちが悪くなってしまうことにもなりかねません。
そのようなことを避けるためにも、クラフトビールは低温で直射日光を避けるほかなるべく動かさないようにして保存しておくのがおすすめです。
要冷蔵と書いてあるビールを、気温が高い中に放置していると、風味が変化してしまいます。
その理由はビールに含まれている酵母にあり、温度が高いと活動を始めてしまうからです。
また直射日光が当たっても香りが変わってくるので、紫外線が当たらないように太陽光や蛍光灯を避けて保管します。
そしてできるだけ振動を避けて保管したものを飲むのがおすすめです。

クラフトビールを通販で購入するメリットとは

自宅で美味しいビールを飲みたいという人や、大切な人へのプレゼントにクラフトビールを贈りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには通販を利用してお取り寄せするのがおすすめです。
クラフトビールを通信販売で買うメリットには、簡単にオンラインで注文できるということが挙げられます。
自宅や外出先からでもインターネットが使える環境なら注文することが可能です。
またクラフトビールの通販サイトでは、種類を豊富に取り揃えていることが多いのでなかなか手に入りにくいものを購入することが出来ることがあります。
人気のある限定商品が買えることもあるため、珍しいビールを手に入れたい場合にメリットがあります。
さらにギフト用のラッピングにも対応しているところが多いので、大切な人への贈り物に珍しいクラフトビールを選びたい場合にも役立つでしょう。
品質を維持するためクール便での配送をしているお店なら、良い状態で商品を受け取ることができます。

クラフトビールと普通のビールの違いとは

近年、お酒を好む人からの人気を集めているクラフトビールは、普通のビールとどのような点で異なるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
日本で広く流通しているビールと言えばラガーと呼ばれるもので、大手のビール会社が販売しているものはこのタイプのものです。
一方クラフトビールは、エールと呼ばれるタイプのものが多いです。
しかしクラフトビールかそうでないかは、ラガーとエールとの違いによって分類されているのではありません。
実は生産規模の違いによって呼び名が異なっていて、小規模な醸造所で作られているものを、クラフトビールと呼んでいます。
そのような特徴から技術や職人技、工芸などといった意味があるクラフトという言葉が使われているのが特徴です。
1994年に酒税法が改正されて以降、小規模醸造所でもビールを製造することができるようなり現代では全国の様々な地域にあるビール会社がそれぞれ個性的な製品を生み出しています。

クラフトビールに適したグラスの形状

ビール職人の拘りが感じられる、クラフトビールの良さを満喫出来るような飲み方が出来るグラスを選びたいと考えている人もいるのではないでしょうか。折角の美味しいクラフトビールを飲むのなら、ビールの種類や飲み方によって適した形状のものを選ぶことがポイントになります。ビールジョッキは喉越しを楽しむタイプのビールに適しています。そのため、ピルスナーやシュバルツなどといった爽快な飲み心地のビールを飲むときに使用するのがお勧めです。一方で味わいや香りを堪能したいペールエールやIPA、スタウトといったエールビールをのむのなら香りを楽しめる形状のものを選ぶことをお勧めします。例えば杯型のものや、チューリップ型のものが良いでしょう。これらの方が、より香りが分かりやすくなるからです。クラフトビールは瓶や缶のまま飲んでも悪くはありませんが、グラスを使用して飲んだ方が香りや味わいが分かりやすくなりますし色まで楽しめます。

クラフトビールの良さを引き出す注ぎ方

ビール愛好家の間で人気が高いクラフトビール。インターネット通販ショップでお取り寄せして、ご自宅で飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。ご自宅でお店で飲むような本格的な味を再現したいという人もいることでしょう。そんな時には、ビールの注ぎ方を工夫してみることをお勧めします。実は、どのように注ぐのかで、ビールの味が大きく変わってしまうことがあるのです。クラフトビールを美味しく注ぐポイントは、グラスの中にゆっくりと流し入れることです。そうすることで、ビールに含まれている炭酸や香りが抜けるのを防いでくれます。ビールを勢いよく注いで、泡立て過ぎないように気を付けてください。また、泡のバランスも考慮して7対3の割合にするのがポイントです。ただし、クラフトビールの種類によっては、6対4にした方が美味しくなることもあります。クラフトビールの種類や自分の好みなどに合わせて、泡の割合を変えてみてください。

クラフトビールを味わうのに最適な温度

味わいの濃淡による違いや酸味や甘み・苦み・香りの違いなど多種多様が特徴のクラフトビールですが、100種類以上にも及ぶといわれています。 その種類は主に「ラガー」と「エール」があります。 クラフトビールは種類によって、飲み頃の温度が違います。 種類によっては、クラフトビールを冷やしすぎるとビールが本来持っている「香り」や「味わい」を感じづらくなってしまうのです。 「ラガー」は一般的に6~8℃が飲み頃といわれています。 スッキリとした味わいや、キレのある味わいが特徴です。 その特徴を最大限に堪能しながら、香り等も楽しめる飲み頃の温度が6~8℃くらいなのです。 飲む直前まで冷蔵庫の中に入れておいた方が、美味しく飲めます。 一方「エール」は、8~13℃が飲み頃といわれています。 コクのある味わいや、ホップや酵母由来の香りが特徴です。 この香りは、冷えているビールが徐々に温まっていくのにつれて揮発するため、少々ぬるめの、8~13℃くらいで飲むのが最もおいしいのです。 冷蔵庫からを取り出したら、数分(3~4分)ほど室温で放置し、そのあと常温のグラスに注ぐとベストです。

無濾過のクラフトビールに最適な保管場所

一般的にビールは新鮮な状態で飲むのが良いものが多いですが、すぐに全て飲んでしまうわけにいかず保管する必要があるという人もいるのではないでしょうか。無濾過のクラフトビールを劣化させる要因の1つには、まず「時間」が挙げられます。時間が経過するに従って次第に品質の良さが失われて行くことになりますので、質の良い状態で飲むことを重視するのなら早めに飲むのがおすすめです。ほかにもクラフトビールの品質を下げる要因には、「高温度」があります。酵母が含まれている無濾過ビールは温度変化に弱く、特に温度が高くなると味や香りの良さが失われてしまいがちです。甘ったるい臭いや、濡れた段ボールのような臭いが現れることもあるため注意が必要です。それから「紫外線」も、品質の劣化に繋がるポイントとなります。瓶入りのビールを直射日光にさらしていると、紫外線の影響を受けてしまうことが考えられるでしょう。できるだけ蛍光灯の光も避けた方が安心です。

保管中にクラフトビールを劣化させてしまう要因とは

クラフトビールの人気が高くなっていて、自宅でもよく飲んでいるという方が多くいるはずです。ただ、自宅での保管方法が適当だと味や香りに問題が生じてしまう可能性があります。劣化させてしまう原因は、30℃を超える環境で保管してしまうことです。ビールは高温に弱く、30℃を超えるところで保管してしまうとダンボールのようなニオイが発生してしまいますし、長期間置いていると酸化臭も生じます。また、クラフトビールに使われている酵母も劣化の要因です。酵母が入っていることでフレッシュでとろみのある口当たりになっているのですが、温度が上がると酵母が活動して味を変化させてしまいます。酵母が使われているクラフトビールは10℃以下で保存することが重要です。場所を取りますが、冷蔵庫に入れておくことが求められます。クオリティの高いクラフトビールの美味しさを維持するためなので仕方ないです。たくさん入れられないのであれば、入れられる本数だけ購入するべきです。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールの秘密

このサイトでは、昨今高い注目を集めるようになったクラフトビールについて触れていくことにします。このビールは地域限定の商品となっており、全国各地で作られるようになりました。さまざまな風味とのど越しのものが多く、初めて飲む場合はしっかりと情報を手に入れてから味わいたいものです。楽しみ方かた保存方法まで網羅をしていくので、初心者必見の知識を得られます。また幅広いリサーチにもなるので上級者にもおすすめです。

Search